香港・ファッションレポート他

さすがに寒過ぎます、

雪がドカッと積もってないだけ

名古屋はよいほうですね。

FullSizeRender-11

 

見事なツララ!

最初からこういう

デザインだったら

かっこいいんじゃないの??

 

 

さてさて   まずは、

香港のファッション事情で

個人的に感じた事を書いちゃいます。

 

どこに行っても近代的で

ものすごいスケールの

ありとあらゆる

ラグジュアリーブランドが

揃った巨大ショッピングモール

こんなにあったら有り難みも

あったもんじゃあない。

欧米のブランドなのに

本国より圧倒的な店数です。

今やラグジュアリーブランドの

売り上げ40%は中国の富裕層、

ならば集中出店

当たり前のことか、。

 

当然のこと円安で日本より高いです。

 

買っている方々は完全に中国富裕層

ライオン丸みたいな髪型のマダムと

全身エ◎プを着た5歳ぐらいの

やんちゃな男の子、

ママは店内でシャンパン飲みながら

バンバン試着しまくり!ここまで

羽振りがよいとこ見るのは

ある意味気持ちいいー!!

 

外に出るとファストファッションか

こんなんで良いの?といった

偽物屋か田舎のオバさまショップみたいな

ローカルなお店が、、

 

weiss もそのカテゴリーに

入るのでしょうが、

アッパーミドルな品の良い

セレクトショップが

ほとんど見当たらない。

 

でも、

若い人達を中心に

ピリッとした姿勢で

コートを格好良く着こなしていたり

ちょい韓流スターっぽい

格好を楽しんでいたり、

お洒落な人達がけっこう

いました。

 

『I T』というセレクトショップが

あるのですが、そこは

日本のブランドとハイブランドを

半々ぐらいまぜこぜに置いていて

日本のドメスティックブランドが

注目されてんだな〜と!!

そこの客層はシャレた人が

多かったです。

店員さんはなぜか黒服の人のみ

”今月は黒い服を着るように”   とか

マニュアルがあるんでしょうね、

 

昔の日本も、セレクトショップと

いうものがマイナーだった時代を経て、

現在のようなファッションビルの

花形にまで成長していった経緯を

考えると、香港もこれから

もっとエキサイティングに

なっていくんでしょうね、!

それにしても くどいようですが

豪華絢爛なラグジュアリーブランドの

ショップがありすぎ でした。

 

そんなこんなで

買い付けてきたのは

ご覧の小物2型、

よりすぐりの2トップです。

IMG_0929FullSizeRender-12

(シャレたブルース・リーの

Tシャツは無かったです。)

 

weiss で扱っているようなJPN ブランドは

すごく良質な服を作るな〜と改めて再確認

欧米はもちろん、アジア圏にも積極的に

飛び出ていくべきですな、

 

『still by hand』はすでに飛び出して

高い評価を受けているようですよ。

そして、『A Vontade』もフランスで

展示会を開いているそうです。

 

世界に羽ばたけ!  ワイス取り扱いブランド

 

雑な言い方ですが15,000円のシャツを

例にすれば、モノ作りのレベルはダントツ世界で

No1のハイクオリティと断言できます。

トレンド的なところも先端いってます、

 

IMG_0922

そう、こういう服のような、

 

『ア  ボンタージ』から

入ってきてます これ・ヤバめ。

 


Share this post