Chagall 展

先日は久々に美術館へ、

シャガール展に行ってきました。

 

子供の頃、絵本に引き込まれるような

あの感覚 独特な世界観で描かれた

アートにどっぷり浸かってこれました。

 

 

中世の絵画、特に宗教画などは

写真的な意味合いもありリアルな

描写を求められていたんでしょうが

近代においては、より内面的なものを

描写することが求められる。

そのような背景からシャガールのような

画家に教会などのステンドグラスや天上画

などの仕事を依頼するようになったのでしょう、

シャガールの絵を観て気持ちが安らぐ人って

多いんではないでしょうか、人々の心を引き

つける魅力的な巨匠ですね。

 

ガキのころは

なんかメルヘンであんまり好き

では無かったんですが、、

今回は、その偉大さに感動。

 

コラージュを多用した作品など

イメージしていたものとは違い

いろんな技法を貪欲に用いて

いて、、 やっぱり身近に観ないと

分からない筆の走りなど、

やっぱりウマい! 観れてよかった〜

皆様もゼヒゼヒ。

 

写真 3

このポスターすっごい欲しい。

一万円か〜〜,。 ちと高い。

今回の展覧会の物ではなく1987年の

日本での展覧会ポスター

”ジャポン”ってところが・ソソる!

 

写真 1写真 2

でも最近ポスター的なモノを新調したばかり

貼る場所もニャイしニャ〜、 でも欲ちい,

(ボロボロのバスのロールサインです。)


Share this post