STILL BY HAND / モックネックセーター

秋の雨はいいですね、

夏の雨はジトっとするけど

今日みたいな雨は

しっとりした空気に変えてくれるような、

 

そろそろウールのセーターが

リアルに着たい季節です。

どこか素朴でクラシカルな装い

秋冬のお洒落の真髄ここにあり

 

ローゲージで適度な厚み

柔らかいウールの肌触り

モックネックなのもアウターとの

相性だったり コーディネートしやすい。

 

そして首回りが温かいというのが一番!

 

袖の部分のみクラシックな編み柄

このあたりのディテール

食事の席などで とても洒落てうつりそう、

 

身幅や肩幅などは少し大きめに

トレンドもしっかり収まった

とても優秀なニットです。

 

STILL BY HAND/モックネックセーター/¥19,000+tax

アイボリーよりな白と

清くブラックの2カラー

 

ネックの雰囲気 ◎

 

ケーブル編みなデザインが

とても素敵なポイントです。

 

この少しゆるめな

甘辛テイスト 最高!

 

ちょいユル

いいですね

 

最近、特に大須だからでしょうか

ストリート系 古着系の方が

多い土地柄です

共通点 若い方々を中心に

皆さん ちょいユルではなく

ちょーーユル!

 

例えばマッシュルームカットにピアス

ばさっとビッグシルエット

お洒落に着こなす人たちが多いです

 

私もルーズな着こなしをするほうですが

ちょいユルどまり(夏はちょーーユルもします)

あのサイズ感、私がマネをすると

痛い大人に

若い方の特権ですね!

 

ということで 少しゆるく行きましょう、

個人的にはストレスフリーな着心地と

キメ過ぎないニュアンスをだせるのが

ちょいユルの推奨理由です。

 

あと 信頼できる情報筋で聞いた話ですが

ピタッとしたイタカジが欧米人に似合うように

少しユルめな服が日本人の男性に

一番似合うシルエットバランスらしいです。


Share this post